ウィンドウズ用のContenta RAW Converterを使いましょう

    プロフェッショナルな写真変換機能がこんなに簡単に行えます。

    コンテンタコンバーターは非常に簡単でかつ強力な写真データ変換ツールです。分かりやすく作られたメニュー操作方法により非常に簡単に使うことが出来ます。さらにユーザーが自分で重要な設定を変更したり、また自動処理のパターンを自由に定義したりすることも出来、非常に便利な機能が満載されています。

    簡単に2ステップで作業は行えます: まずどの写真を変換したいか選択する。次にどのように変換したいか指定する。これだけで全て完成です!

    ベーシックなインストラクション


    写真の選択

    写真の選択

    写真を選択するのには次の3通りの方法があります:
    • ドラッグアンドドロップ
    • '他の写真を選択ファイルに加える'ボタンを使ったファイルピッカーにより一度に複数ファイを指定することも出来ます。
    • 'フォルダーの追加'により、特定のフォルダーに含まれる全ての写真を選択することも出来ます。さらにその際に指定フォルダーのサブブフォルダーの中にある全ての写真ファイルも一度に選択することも出来ます。
    選択が全て完了したら、'次へ進む'をクリックしてください。

    変換処理を始める際には一つだけ設定が必要な項目があります: 変換されたイメージをセーブする出力ディレクトリーを選択します。

    その後次のフォーマットのタイプから使用したい出力フォーマットを一つ指定します: JPEG, JPEG 2000, PNG,TIFF, GIF, BMP, PPM, PDF.

    変換処理は次の全てのフォーマットを読み込みことが出来ます:
    • オリジナルフォーマット:お持ちのカメラはRAWデータフォーマットでセーブする機能を持っている場合があります。Rawデータファイルはデジタルのネガファイルとして扱え、カメラの中ではまったく変更処理が掛けられてませんので実際の映像に最も近い画像データとして保存できます。RAW, DNG, CRW, CR2, ORF, MRW, THM, NEF, PEF, SRF, ARW, 3FR, ERF,KDC, SR2, RAF, X3F, DCR, DRF, MEF, MOS, PTX.

    'スタート!'をクリックしてください。それだけで変換機能が実行出来ます。


    さらにアドバンスの機能を覚える


    バッチ処理による名前変更

    バッチ処理による名前変更

    このオプションは時間を掛けないで全てのファイルの名前を一度に変更したい時に非常に便利な機能です。

    既に登録されているパターンの中から選ぶか、または自分で固有のパターンを作ることも出来ます。%の文字の間に書かれた全ての文字がタグとみなされます。その他の文字は全てそのまま使用されます。

    例:
    もし'%name%.%ext%'と入力されると、%name%のタグが元々のファイル名に置き換えられます。
    もし'holiday%counter%.%ext%'と入力されると、新しいファイル名は'holiday1.jpg'、'holiday2.jpg'、...と変更されます。

    使用出来るタグはたくさん有り、ファイルが関係するメタデータを含んでいる場合は全て指定のデータに置き換えられます。使い方によって色々なパターンでの変更が可能となり、非常に便利な機能です。

    バッチ処理によるグループ分け

    このオプションは自動的に写真ファイルを関連するサブフォルダーを使ってグループごとに分類することが出来ます。分類の仕方の定義方法は先ほどの名前変更のやり方に似ています。しかし、/の文字が新しいサブホルダーのディレクトリー名を示すためのセパレーターになりますので注意してください。

    例:
    もし%y%と入力した場合、写真は全て'2008'、'2007'、...のサブフォルダーに分けられます。
    もし%y%%m%と入力した場合、写真は'200810'、'200709'、...というサブホルダーに分類されます。

    使用出来るタグはたくさん有り、ファイルが関係するメタデータを含んでいる場合は全て指定のデータに置き換えられます。非常に便利な機能です。
    バッチ処理によるグループ分け

    RAWデータ処理

    RAWデータ処理

    RAWデータ処理パネルは全ての写真のデジタルネガを一度の操作で作成します。写真の明るさのレベルを指定することが出来ます。もし指定が1よりも小さい場合は写真を全て暗くし、1よりも大きい場合は逆に明るくします。

    ホワイトバランスは写真の色温を調整する機能です。写真の中のホワイトライトに暖かさや、逆にそれを冷たくしたりと言った効果を出します。ご使用のデジタルカメラで設定されているホワイトバランスをそのまま指定し、ここでは自動最適化を選ぶことも可能です。

    また同時にノイズの除去も行うことも出来ます。ノイズ除去レベルを上げるとノイズの除去効果は上がりますが、同時にイメージの詳細な部分が失われることがありますので注意して下さい。

    これらの全ての設定やそれらの効果は品質プレビューを見ながら確認することができます。

    PDF写真アルバムを作成

    PDFの写真アルバムファイルを作ると、家族やお友達と簡単に写真を交換することが出来ます。またPDFファイルはインターネットでの送信や印刷にも適しています。
    ページサイズや印刷位置、および1ページに印刷する写真の数を簡単に設定変更することが出来ます。
    PDF写真アルバムを作成